おさむら動物病院

072-832-0200診療時間(休診日:木曜日、日祝の午後)9:30?12:00(受付9:00?)17:00?20:00(受付16:30?)

病院設備のご案内

トップページ > 施設設備

待合室

患者さんが少しでも快適に待てるように配慮しています。
待合室が混雑している場合、外のウッドデッキスペースにもベンチを用意させて頂いておりますので、あわせてご利用下さい。
大型液晶モニターでは、手術を受けて退院された患者さんの写真や犬・猫の健康管理のための情報をご案内しています。
是非ご覧ください。

第2診察室

ゆっくりお話を聞き、詳しい説明をするためにすべて個室となっています。このような診察室が4部屋あります。

手術や顕微鏡の映像は、モニターを通して飼い主様に説明させていただきます。

手術室・処置室

手術室(上写真)にはさまざまな疾患の手術に対応するための各種機器を設置しております。手術室陽圧システムを装備し、24時間きれいな環境で手術をおこなうことができます。
処置室(下写真)では、お預かりした犬や猫の各種検査や処置、麻酔下での歯科治療や内視鏡検査をおこないます。

  • ●術中監視モニター
  • ●人工呼吸調節機能付き麻酔装置(3台)
  • ●大型犬対応可変式手術台
  • ●X線CRシステム
  • ●高周波凝固・切開装置
  • ●超音波手術システム(凝固・切開・吸引装置)
  • ●超音波双方向血流計
  • ●エアパット体温保温マット
  • ●Cアーム
  • ●LED無影灯2機
  • ●手術室陽圧システム
  •  

人工呼吸調節機能付麻酔装置 ドレーゲル社 ファビウスタイロ

麻酔機器や人工呼吸器のトップメーカー、ドレーゲル社による新生児対応の人工呼吸内臓全身麻酔システムです。
画期的なピストン式ベンチレーター”E-vent®”には最先端の麻酔用人工呼吸技術が採用され、様々な人工呼吸モードにより麻酔維持から覚醒まで、小型から大型の動物まで、重篤な症例においても対応できます。

高周波手術装置 エルベ社 VIO300D

手術室・内視鏡室・外来手術の多様なニーズに応え、あらゆる手術環境に対応して変化する最新の手術用ワークステーションです。
電気メスと血管シーリングシステムを合わせたシステムで、考えられる全ての止血・切開モードを備えています。
より安全かつ迅速な手術を行うことが可能になります。
体内に縫合糸を残さない為、縫合糸反応性肉芽腫のリスクを低くすることができます。
避妊・去勢手術が可能なだけではなく、様々な手術に対応できます。

Cアーム TOSHIBA社 Clearscope

モニタ一体型X線透視診断装置で整形、循環器、泌尿器等における手術においてより精度の高い術中診断を行うことができます。

術中監視モニター フクダ M・E社 AM130

AM130は8項目(心電図、心拍数、脈拍数、血圧、体温、動脈血酸素飽和度、呼気終末二酸化炭素分圧、麻酔ガス濃度)のパラメーターを1画面で監視することができ、麻酔下の生体情報をより正確に把握することが可能です。

手術室陽圧システム

手術室はクリーンルームを構築するために世界最高水準の空気清浄システムを取り入れています。

外部の空気を浄化してから手術室内に取り入れます。クリーンな空気が手術室内に充満することで内圧が高まり、汚れた外の空気が壁面のすき間から入ってくるのを防ぐことができます。

超音波凝固切開装置ソノサージ(SonoSurgeX)

手術の際に出血や侵襲を減らすため、人の医療にも使われているオリンパス製超音波手術システム「ソノサージ」を導入いたしました。

一般的な多くの手術では、血管や組織を結ぶために様々な縫合糸を用います。そのため縫合により麻酔時間が延長し、術後に縫合糸が体内に残ってしまいます。
安全性の高い縫合糸を用いますが、稀に身体が異物(縫合糸)に反応して「縫合糸反応性肉芽腫」という病気を引き起こす事があります。術後数カ月~数年後に炎症やシコリを作り、進行すれば皮膚に穴があき排膿、出血してしまいます。
治療には、手術して肉芽腫と異物(縫合糸)を取り除くか、長期的な投薬(ステロイドや免疫抑制剤など)が必要になります。

ソノサージはそれらのデメリットを軽減します。
超音波振動と摩擦により血管や組織を溶着、凝固、切開します。そのため、より安全で確実な手術を、より短時間で出来るようになります。
全身麻酔の時間を短縮することができるため、高齢動物の手術や、リスクの高い手術をする場合には大きなメリットとなります。

縫合糸をまったく使わない手術は不可能ですが、従来の体の中に糸を残す方法と比較するとまったく新しい優れた手術方法と考えられます。

ソノサージイリゲーションユニット(SonoSurg-IU)

強力な超音波発振と吸引能力により、効率的な処置が行なえます。
内視鏡下外科手術用のロングタイプ及び開腹手術用のストレートタイプ・屈曲タイプのプローブをラインアップすることで、手技に応じて最適なプローブを選択できます。

入院室

入院室は犬と猫で部屋が分かれています。
犬の入院室は大型犬も入院できるようになっています。
重症患者さんはICUで受け入れています。

※ICU(集中治療ユニット):部屋の温度、湿度、酸素濃度まで調節が可能で重症患者などを適切に管理することができます。また、監視カメラを備え付け24時間遠隔地よりモニターすることができます。

Vita CR V システム

X線で撮った身体の透過情報をコンピュータで読み取りデジタルデータとして保存し、このデータを基にコンピュータで適正条件に処理されたX線写真を作ります。

胸部や腹部など撮影部位毎に最適な画像を提供することができます。

また、最新の画像認識/分析処理システムにより、安定した高画質を得ることができます。

Copyrights © おさむら動物病院 All Rights Reserved.禁無断複製、無断転載